韓国ロッテ会長、上告審で執行猶予刑が確定=懲役2年6か月・執行猶予4年

韓国ロッテ会長、上告審で執行猶予刑が確定=懲役2年6か月・執行猶予4年

韓国ロッテ会長、上告審で執行猶予刑が確定=懲役2年6か月・執行猶予4年(画像:news1)

国政介入の主犯である朴槿恵(パク・クネ)元大統領とその”親友”崔順実(チェ・スンシル)被告に賄賂(わいろ)を与えた容疑などで裁判中の重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン)ロッテグループ会長に執行猶予刑が確定した。

最高裁は17日、贈賄などの容疑で起訴された重光会長に懲役2年6か月・執行猶予4年を宣告した原審を確定した。

重光会長は、朴元大統領との単独面談で免税店事業延長などグループ会社の懸案について助けを要請し、その見返りとして崔被告のKスポーツ財団に70億ウォン(約6億3000万円)を渡した容疑を受けている。

関連記事(外部サイト)