首相が靖国神社に供物奉納、韓国政府は「深い遺憾」

首相が靖国神社に供物奉納、韓国政府は「深い遺憾」

首相が靖国神社に供物奉納、韓国政府は「深い遺憾」(画像:news1)

安倍首相は17日、靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。

これに対し、韓国政府は「深い遺憾」を表した。

韓国政府はこの日、外交部(外務省に相当)報道官の論評を通して「日本の侵略戦争の歴史を美化する靖国神社に日本政府および議会の指導者らが再び供物を奉納し、一部閣僚が参拝を強行したことについて深い遺憾を表する」と明かした。

この日、安倍首相は「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納。しかし、例大祭期間中の参拝は見送ると報じられている。

関連記事(外部サイト)