チョ・グク氏の後任に適任なのは? 学者21.3%・検事17.8%・現役議員9.9%=韓国世論調査

チョ・グク氏の後任に適任なのは? 学者21.3%・検事17.8%・現役議員9.9%=韓国世論調査

チョ・グク氏の後任に適任なのは? 学者21.3%・検事17.8%・現役議員9.9%=韓国世論調査(画像:news1)

韓国のチョ・グク法務部(法務省に相当)元長官の後任として最も適任なのは検事や判事より「学者出身の人物」との声があがっている。

世論調査専門機関「リアルメーター」がtbsの依頼で、「次期法相に的確なmのはどの出身者か」に関する国民意識調査によると、「学者出身」が最も多い21.3%、その後を「検事出身」17.8%、「判事出身」17.7%が続いた。

「学者出身」が最も的確と回答したのは地域別に釜山、蔚山、慶南(27.3%)と光州・全羅(24%)、大邱・慶北(21.8%)、京畿・仁川(20.4%)など20%を超えた。年代別には50代(27.9%)と60代以上(20.4%)、40代(19.2%)だった。

また、「検事出身」が最も適任だと答えたのは30代(24.6%)、「判事出身」との回答者は20代(21.9%)が最も多かった。

関連記事(外部サイト)