韓国元法相の妻、表彰状偽造の裁判は明日(18日)予定通り

韓国元法相の妻、表彰状偽造の裁判は明日(18日)予定通り

韓国元法相の妻、表彰状偽造の裁判は明日(18日)予定通り(画像:news1)

18日に予定されていたチョ・グク法務部(法務省に相当)元長官の妻=チョン・ギョンシム東洋大教授の「東洋大表彰状偽造容疑」の裁判が、検察とチョン教授側の延期要請を受け入れず、予定通りおこなわれる。

チョン教授側の弁護団は17日、「裁判所より、明日(18日)公判期日が進められるとの連絡を受けた」と明かした。

ソウル中央地裁は18日午前11時、私文書偽造容疑で起訴されたチョン教授の第1回公判期日を進行すると去る9月16日、明らかにしていた。

チョン教授は去る8日、「検察の事件記録を閲覧謄写できなかった」とし、裁判延期を申請。チョン教授側は、これと共に私文書偽造控訴状が「白紙控訴状」だと主張している。

検察も16日、裁判所に期日変更申請書を提出。検察関係者は「これを前に、チョン教授側も裁判を延期してほしいと申請したが、それ(延期)に反対していないとの趣旨」とし、「18日まで関連捜査を終えることができないため」と理由を述べていた。

関連記事(外部サイト)