またロウソク集会、「今度は韓国国会で」19日と予告=韓国市民団体

またロウソク集会、「今度は韓国国会で」19日と予告=韓国市民団体

韓国で19日開催のロウソク集会「光州検察改革上京集会」のポスター(提供:news1)

先日韓国ソウルの裁判所の前で“検察改革”を求めて集会を開いた韓国の市民が、今度はソウルの汝矣島(ヨイド)の国会の前でロウソク集会を開く。韓国、全羅南道(チョルラナムド)の光州(クァンジュ)市民も大挙上京して援軍として駆け付ける。

今日(17日)、検察改革を願う光州の市民団体によると、19日に汝矣島の国会の前で開かれる“第10回ロウソク文化祭”に参加する市民たちのためにその参加申請をしているとのことである。

チョ・グク氏の法相辞任前の去る12日、「光州がチョ・グクだ」という立て札を持って上京した光州市民が、今度は「一人のチョ・グクが千万人のチョ・グクになって」というスローガンの立て札を作り、国会前でのロウソク集会に参加する。

今回の集会での動員担当者は「検察の暴走を止めるのは国民しかいない。『チョ・グクという一人の人物の改革の意志が、千万市民の胸深くにその炎が燃え盛っている』という意味で、今回のスローガンを決めた」と説明した。

関連記事(外部サイト)