安倍氏、韓国首相と「21分間」の面会=フォトタイムでは笑みも、直後には険しい表情に?

安倍氏、韓国首相と「21分間」の面会=フォトタイムでは笑みも、直後には険しい表情に?

安倍氏、韓国首相と「21分間」の面会=フォトタイムでは笑みも、直後には険しい表情に? (画像:news1)

日本を訪問中の李洛淵(イ・ナクヨン)国務総理(首相)が24日、安倍首相と面会。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を伝達した。

李首相は同日午前10時40分ごろ、総理官邸に到着。取材陣に向けて笑みを見せると、待機室へと向かった。

面会は午前11時にスタートする予定だったが、直前におこなわれた安倍首相とアイルランド間の面会が予定時刻より延長されたため、11時10分ごろから始まった。

安倍首相と李首相は、入口付近に設置された両国国旗の前で握手を交わし、フォトタイムを進行。写真撮影では手を取り合いながら笑みをみせたが、撮影が終了すると両者共にやや険しい表情で室内へと入っていった。

なお、面会は午前11時12分に開始され11時33分まで、21分間おこなわれた。

関連記事(外部サイト)