日韓首相 「日韓関係の厳しい状況、放置できない」認識一致

日本の安倍晋三首相と韓国の李洛淵首相「日韓関係放置できない」との認識で一致

記事まとめ

  • 安倍晋三首相が韓国の李洛淵首相と会談、日韓関係の厳しい状態について言及
  • 日韓関係の厳しい状態について「このまま放置できない」との認識で一致した
  • 李首相は「韓国も韓日基本関係条約と請求権協定を順守」「今後もそうする」と述べた

日韓首相 「日韓関係の厳しい状況、放置できない」認識一致

日韓首相 「日韓関係の厳しい状況、放置できない」認識一致

日韓首相 「日韓関係の厳しい状況、放置できない」認識一致(提供:news1)

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相と日本の安倍晋三首相は重要な隣国として日韓関係の厳しい状態をこのまま放置できないとの認識で一致した。

韓国外交部のチョ・セヨン第1次官が24日、日韓首相の会談結果についてこのように紹介した。

またチョ次官は「両首相は北朝鮮問題などに関しても韓日、韓米日の連携が重要だとの認識で一致した」と述べた。

李首相は日韓関係の冷え込みを早期に打開するため、両国の外交当局間の対話を含めた様々な疎通や交流を促進させていくことを促した。

李首相は「日本がそうであるように、韓国も1965年の韓日基本関係条約と請求権協定を尊重し順守してきており、今後もそうする。これまでそうしてきたように、今回も韓日両国が知恵を絞り、難関を乗り越えられると信じる」と述べた。

関連記事(外部サイト)