チョ・グク元法相、妻の面会へ…同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO(ユニクロ)」とSNSで炎上

チョ・グク氏が妻の面会に訪れる 同行した息子が「UNIQLO着用」とSNS上で炎上

記事まとめ

  • 韓国法務部のチョ・グク元長官が妻のチョン・ギョンシム東洋大教授の面会に訪れた
  • 同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO製品だ」とSNSを中心に議論が巻き起こった
  • 韓国では日本の輸出規制をきっかけに日本製品の「不買運動」が激化した

チョ・グク元法相、妻の面会へ…同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO(ユニクロ)」とSNSで炎上

チョ・グク元法相、妻の面会へ…同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO(ユニクロ)」とSNSで炎上

チョ・グク元法相、妻の面会へ…同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO(ユニクロ)」とSNSで炎上(画像提供:news1)

韓国法務部(法務省に相当)のチョ・グク元長官が、妻チョン・ギョンシム東洋大教授の面会に訪れた際、同行した息子の着用パーカーが「UNIQLO(ユニクロ)製品だ」とSNSを中心に炎上している。

24日、チョ元法相は息子と親戚とみられる女性と共に拘置所で妻と面会。この際、息子が着ていたダークグレーのパーカーについて「UNIQLOの製品だ」と主張するネットユーザーが登場した。この書込みをめぐり、SNS上では様々な議論が巻き起こった。

その後、SNS上にUNIQLO公式サイトに掲載された商品画像のキャプチャが投稿され、「やはり!」と炎上中だ。

韓国では、日本の輸出規制をきっかけに日本製品の「不買運動」が激化。特に、韓国でも人気の日本ブランド「UNIQLO」は不買運動によって売上げが大幅に減少したと伝えられている。

関連記事(外部サイト)