米専門家ら、米朝の間に「時間ない」と警告… 再び「挑発の可能性」

米専門家ら、米朝の間に「時間ない」と警告… 再び「挑発の可能性」

米専門家ら、米朝の間に「時間ない」と警告… 再び「挑発の可能性」(画像:news1)

米国の朝鮮半島専門家らは、北朝鮮が「年末」という期限を強調していることについて、米朝間の交渉期限が「迫っている」と警告すると同時に、北朝鮮が挑発行動にでる可能性があると伝えた。

29日、米国の声(VOA)によると、マーク・フィッツパトリック元米国務省高官は北朝鮮の「年末」という期限の強調を米朝関係の実質的分岐点に挙げた上で、「北朝鮮はこの1年間、何度も期限について脅してきた。これを実際の期限として受け取らなければならない」と述べた。

VOAは「来年も、現在のこう着状態が続いていけば、北朝鮮は2017年の長距離ミサイルや核実験のような攻撃的かつ挑発的な行動にでる可能性がある」と説明した。

関連記事(外部サイト)