韓日議員連盟、31日から日本訪問=両国の協力案を模索

韓日議員連盟、31日から日本訪問=両国の協力案を模索

韓日議員連盟、31日から日本訪問=両国の協力案を模索(提供:news1)

韓日議員連盟は「第42回 韓日・日韓議員連盟合同総会」出席のため、連盟所属議員代表団が来る31日から2日まで2泊3日の日程で、日本を訪問すると30日、明らかにした。

来月1日、東京で開かれるこの総会には韓国側のカン・チャンイル会長とキム・グァンリム幹事長を含む与野党議員40人が出席する予定だ。

総会では最近、日韓の主要問題である徴用工問題をはじめ、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)延長終了、日本のホワイト国除外撤回などが重点的に扱われる予定だ。

連盟側は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長と李洛淵(イ・ナクヨン)首相の書面祝辞がある予定だと伝えた。

関連記事(外部サイト)