正恩氏、文大統領の母死去受けて弔電 「深い哀悼の意」

正恩氏、文大統領の母死去受けて弔電 「深い哀悼の意」

正恩氏、文大統領の母死去受けて弔電 「深い哀悼の意」(画像:news1)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の母親の訃報に接し、弔電を送ったことが31日、わかった。

青瓦台(大統領府)のコ・ミンジョン報道官はこの日ブリーフィングで「文大統領の母カン・ハンオクさんの死去を受けて、金委員長は30日、文大統領宛に弔電を送った」とし、「金委員長は弔電で、故カン・ハンオク氏死去を受けて深い哀悼の意を伝えると共に、文大統領に慰労のメッセージを伝えた」と明かした。

なお、弔電は30日午後、板門店を通して伝達され、30日の時点で遺体安置所が置かれていた釜山・南川聖堂を訪問中の文大統領にすぐ届けられたという。

関連記事(外部サイト)