韓国軍「韓米の情報資産、日本より早く北朝鮮の超大型放射砲を探知」

韓国軍「韓米の情報資産、日本より早く北朝鮮の超大型放射砲を探知」

韓国軍「韓米の情報資産、日本より早く北朝鮮の超大型放射砲を探知」(提供:news1)

北朝鮮が先月31日午後、再び日本海(東海)上に短距離ミサイル2発を発射したことと関連し、日本の報道が韓国軍の発表より10分先に行われたことについて軍当局は「日本より早く(北朝鮮の飛翔体を)探知した」と1日、明らかにした。

軍関係者は同日、記者団に対して「韓米の情報資産は、日本より地理的や装備レベルではるかに早く正確に探知できる」とし「迅速性の問題より正確性を国民に知らせる次元で準備した」と述べた。

前日、合同参謀本部は午後4時50分、北朝鮮が日本海上に未詳の飛翔体を発射したと明らかにした。しかし、日本の海上保安庁は4時40分、問題の飛翔体が排他的経済水域に落下したと発表し、韓国軍の態勢に問題点があるのではないかとの指摘が出た。

同関係者は「韓国軍が(日本より)探知が遅いわけではない」とし「より正確な情報を提供するためであることを理解してほしい」と述べた。

関連記事(外部サイト)