米国務次官補、5日訪韓=GSOMIA・防衛費の議論に注目

米国務次官補、5日訪韓=GSOMIA・防衛費の議論に注目

米国務次官補、5日訪韓=GSOMIA・防衛費の議論に注目(提供:news1)

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を約2週後に控え、スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が5日、韓国を訪問する。

外交部(外務省に相当)によるとスティルウェル次官補は同日、ソウルに到着し2泊3日間滞在して、韓国の当局者たちと相次いで会談する予定だ。

スティルウェル次官補の訪韓は、就任直後の昨年7月中旬、アジア歴訪きっかけの韓国訪問から4か月ぶりだ。 今回の訪韓もアジア歴訪の一環で、日本やミャンマー、マレーシア、タイを経て韓国に到着し、その後中国を訪問する予定だ。

スティルウェル次官補は6日午前、外交部の康京和長官、チョ・セヨン第1外交(外務)次官らと面談し、午後にはチョン・ソクファン国防政策室長ら、主要当局者と会談を行うものと見られる。

関連記事(外部サイト)