竹島付近で墜落のヘリ引き揚げ、行方不明者とみられる遺体発見

竹島付近で墜落のヘリ引き揚げ、行方不明者とみられる遺体発見

竹島近海ヘリ墜落 遺体発見

竹島付近で墜落のヘリ引き揚げ、行方不明者とみられる遺体発見

竹島付近で墜落のヘリ引き揚げ、行方不明者とみられる遺体発見(提供:news1)

竹島韓国名:独島)付近の海上で消防ヘリコプターが墜落した事故行方不明者とみられる遺体が追加で発見された。7人の事故ヘリ搭乗者のうち去る2日に発見した行方不明者2人に続き、3人目の行方不明者とみられる。

捜索当局は5日0時38分ごろ、無人潜水艦を活用して夜間水中捜索を進めていたところ、胴体引き揚げの位置と同一の位置で行方不明者とみられる遺体1体を発見した。

捜索当局はこの遺体が去る3日、ヘリ引き揚げ中に流出した行方不明者と推定している。

海洋警察の関係者は「行方不明者の収容はきょう中に可能であると判断されるが、これ以上遅れる場合、追加的計画を立てた後、公示する予定だ」と述べた。

一方、捜索当局はまだ見つかっていない残り4人の行方不明者の捜索のため、事故6日目である5日午前、艦船20隻と航空機6機、潜水士109人を動員した探索作業に乗り出す計画だ。

関連記事(外部サイト)