事故から5年、セウォル号特別捜査団を設置=疑惑解明へ

事故から5年、セウォル号特別捜査団を設置=疑惑解明へ

事故から5年、セウォル号特別捜査団を設置=疑惑解明へ(画像:news1)

韓国検察は、セウォル号事故を再捜査するため特別捜査団の設置を発表した。

同捜査団は、セウォル号事故の原因から救助過程および指揮体系の問題点、捜査での外部圧力問題などセウォル号事故をめぐる疑惑を解明していく。

セウォル号特別捜査団の設置は、遺族らが要求していたものだった。

7日、法曹界によると特別捜査団は2期特別調査委員会は先ごろ、問題提起をした「犠牲者移送の遅延問題」と、4月に捜査依頼をした「セウォル号閉鎖回路の防犯カメラ映像の録画装置操作疑惑」を優先的に解明していく計画だ。

関連記事(外部サイト)