大韓航空CAに機内でセクハラ、モンゴル憲法裁所長が14時間の聴取=韓国

大韓航空CAに機内でセクハラ、モンゴル憲法裁所長が14時間の聴取=韓国

大韓航空CAに機内でセクハラ、モンゴル憲法裁所長が14時間の聴取=韓国(画像:news1)

大韓航空の機内で、客室乗務員にセクハラ行為をはたらいた容疑を受けるモンゴルのオドバヤル・ドルジ憲法裁判所長(Odbayar Dorj/52)が韓国で14時間を超える2次被疑者調査を受けた。

仁川地方警察庁・女性青少年捜査班は7日午前0時ごろ、強制わいせつ容疑を受けるドルジ所長に対する2次被疑者調査を終えた。

警察は前日午前10時35分から仁川地方警察庁調査室にて、領事および弁護士接見を経て、ドルジ所長に対する調査をおこなった。この調査は7日0時ごろまで約14時間おこなわれたという。

これを前に、ドルジ所長は先月31日午後、モンゴル・ウランバートルから仁川国際空港に向かう機内で女性乗務員の尻を触るなど強制わいせつを行った容疑を受けている。また同行者のモンゴル人も他の女性乗務員の肩を抱くなどセクハラを行った容疑を受けている。

関連記事(外部サイト)