大韓航空機内でCAにセクハラのモンゴル憲法裁判所長、検察送致=「脅迫罪」は不起訴

大韓航空機内でCAにセクハラのモンゴル憲法裁判所長、検察送致=「脅迫罪」は不起訴

大韓航空機内でCAにセクハラのモンゴル憲法裁判所長、検察送致=「脅迫罪」は不起訴(提供:news1)

機内で客室乗務員にセクハラ行為をした容疑を持たれているモンゴルのオドバヤル・ドルジ憲法裁判所長(Odbayar Dorj/52)が検察に移された。

仁川地方警察庁・女性青少年捜査班は強制わいせつ及び航空保安法違反容疑でドルジ憲法裁判所長を在宅起訴で検察に送致したと8日、明らかにした。

また、脅迫容疑については不起訴意見で送致した。

ドルジ憲法裁判所長は先月31日午後8時5分ごろ、大韓航空機内で女性乗務員の尻を触った容疑をもたれている。また同日、機内で通訳をしていたモンゴル国籍の女性乗務員に強迫性の暴言を吐いた容疑ももたれている。

関連記事(外部サイト)