河野防衛相、北朝鮮の弾道ミサイル発射示唆に「国際社会に対する挑戦」

河野防衛相、北朝鮮の弾道ミサイル発射示唆に「国際社会に対する挑戦」

河野防衛相、北朝鮮の弾道ミサイル発射示唆に「国際社会に対する挑戦」(提供:news1)

河野防衛大臣が北朝鮮の弾道ミサイルについて「国際社会に対する挑戦」と8日、糾弾した。

日本のメディアによると河野防衛大臣は閣議後、記者会見で「北朝鮮の一連の弾道ミサイルの発射は、明確な国連の安保理決議違反」と述べた。

河野防衛大臣は「大量破壊兵器や、あらゆる射程のミサイルのCVID=完全かつ検証可能で不可逆的な破棄の実現に向けて米朝プロセスを、しっかり後押ししていきたい」と強調した。

同発言は北朝鮮外務省のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使が、朝鮮中央通信を通じて発表した談話で「(弾道ミサイル発射は)自衛のための措置」と述べた翌日に出たものだ。ソン大使は続けて、日本の上空を通過する飛翔体を発射することを示唆した。

関連記事(外部サイト)