北朝鮮国連大使「米国の挑発・韓国の二重行動のせいで朝鮮半島に緊張」

北朝鮮国連大使「米国の挑発・韓国の二重行動のせいで朝鮮半島に緊張」

北朝鮮国連大使「米国の挑発・韓国の二重行動のせいで朝鮮半島に緊張」(提供:news1)

北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使が11日(現地時間)米国の政治・軍事的や韓国の二重行動のせいで朝鮮半島の緊張局面から脱していないと主張した。

AP通信によると金大使は同日、ニューヨーク国連本部で開かれた国際原子力機関(IAEA)関連の国連総会で米朝関係が昨年6月の米朝首脳会談以降、特に進展がなく、朝鮮半島情勢が緊張局面から脱せずにいると主張した。

また「これは全面的に米国が犯した政治的、軍事的な挑発に起因する」と米国に責任転嫁した。

北朝鮮は先月初め、米国との非核化実務交渉が決裂して以来、米国に今年の年末まで「新しい計算法」を持ち出すよう圧力を加えている。

金大使はこれと関連し「昨年から北朝鮮は朝鮮半島の恒久的な平和体制の構築のため積極的な努力を続けてきた」とし、20か月以上、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を自制していると言及した。

彼は「朝鮮半島の平和と安定を強固にし、発展を成し遂げる鍵は昨年のシンガポールでの米朝首脳が採択した共同声明の履行」と強調した。

南北関係についても韓国側に責任を転嫁した。金大使は「(南北関係が)現在重要な履行段階にも至らないまま、停滞状態」とし「世界の前では『平和の握手』を交わし、裏では超現代的な攻撃兵器を導入して米国と合同軍事訓練を行う南(韓国)当局の二重行動に起因する」と主張した。

関連記事(外部サイト)