竹島付近でのヘリ墜落事故、行方不明者追加で1人発見

竹島付近でのヘリ墜落事故、行方不明者追加で1人発見

竹島付近でのヘリ墜落事故、行方不明者追加で1人発見(提供:news1)

竹島(韓国名:独島)海域で韓国の消防ヘリコプターが墜落した事故から13日目の12日、捜索当局が行方不明者1人を追加で発見した。

同日発見された行方不明者は中央119救助本部所属の消防隊員(29)と推定される。

汎政府現場収拾支援団の関係者は「消防官と推定される行方不明者1人が追加で確認された」、「身長160〜162センチほどに、消防機動服を着ており、ロングヘアで右手首にブレスレットを着用していた」と述べた。

捜索当局によると消防官と推定される行方不明者は、海洋警察の1513号が同日午前11時56分ごろ、機体から3キロ離れた地点で発見され、昼12時9分に引き上げた。

関連記事(外部サイト)