米統合参謀本部議長、きょう(13日)午後に韓国到着=GSOMIA・防衛費問題にプレッシャー

米統合参謀本部議長、きょう(13日)午後に韓国到着=GSOMIA・防衛費問題にプレッシャー

米統合参謀本部議長、きょう(13日)午後に韓国到着=GSOMIA・防衛費問題にプレッシャー(画像:news1)

米国のマーク・ミリー統合参謀本部議長が13日午後、京畿道鳥山・米空軍基地を通して韓国を訪問する。

就任後、初めて韓国を訪れるミリー議長はこの日、パク・ハンギ合同参謀議長が主幹する晩餐会に出席した後、24日にソウル合同参謀本部で開かれる第44回米韓軍事委員会(MCM)会議に出席する。

今回のMCM会議で米国側は、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の延長を強調するものとみられる。韓国訪問に先駆け来日したミリー議長は、安倍首相とGSOMIA問題をめぐり意見を交わしたと伝えられている。

また、防衛費負担金交渉についても米国の立場を改めて韓国政府に説明し、プレッシャーをかけるものと予想される。

関連記事(外部サイト)