華城連続殺人事件8番目の犯行自白した容疑者、同事件の再審に証人として出席意向

華城連続殺人事件8番目の犯行自白した容疑者、同事件の再審に証人として出席意向

韓国で発生した華城連続殺人事件の被疑者イ・チュンジェが8番目の事件の犯人として検挙され、服役していたユン某氏の再審証人として出席するという意思を明かしたと伝えられた。(提供:news1)

韓国で発生した華城連続殺人事件の被疑者イ・チュンジェが8番目の事件の犯人として検挙され、服役していたユン某氏の再審証人として出席するという意思を明かしたと伝えられた。

14日、ユン氏の再審を担当している弁護団によると、イ・チュンジェが警察にユン氏の再審に証人として出席するとの意向を伝えた。

前日、ユン氏が8番目の事件に対する再審請求書を水原地裁に提出したという事実を聞いて、このような決定を下したと把握された。

弁護団は「同事件でユン氏が無罪と確信するもののうち、『イ・チュンジェの自白』という明白な証拠があるため、法廷に立たせる」とし「イ・チュンジェだけでなく、当時8番目の事件を捜査していた警察と検事も法廷に姿を見せるべきだ」と強調した。

関連記事(外部サイト)