韓国前法相、聴取で黙秘権を行使

韓国前法相、聴取で黙秘権を行使

韓前法相が聴取で黙秘権行使

韓国前法相、聴取で黙秘権を行使

韓国のチョ・グク前法務部(法務省に相当)長官が14日、被疑者として検察に出席し、黙秘権を行使している。(提供:news1)

韓国のチョ・グク前法務部(法務省に相当)長官が14日、被疑者として検察に出席し、黙秘権を行使している。

14日、検察によるとソウル中央地検は同日午前9時35分から、チョ前長官を被疑者として呼び、弁護人立ち合いのもと、聴取を行っている。

チョ前長官は検察の聴取開始から午後である現在まで黙秘権を行使していることがわかった。

当初、検察は同日、チョ前長官を相手に子どもの入試不正や私募ファンド不正など、妻のチョン・ギョンシム東洋大教授の主要容疑について、共謀したかどうかを集中的に調べる方針だったが、捜査に支障をきたすのが避けられないものと見られる。

関連記事(外部サイト)