韓国大統領府、前法相の検察召喚に「立場はない」

韓国大統領府、前法相の検察召喚に「立場はない」

韓国青瓦台(大統領府)が14日、検察がチョ・グク前法務部(法務省に相当)長官を非公開で初めて召喚し、聴取したことについて「立場はない」と慎重に述べた。(提供:news1)

韓国青瓦台(大統領府)が14日、検察がチョ・グク前法務部(法務省に相当)長官を非公開で初めて召喚し、聴取したことについて「立場はない」と慎重に述べた。

青瓦台の高位関係者は同日、メディアとの電話取材に「これまで検察捜査について言及したことがなく、今回も同じ」と答えた。

青瓦台は先立って、権力機関改革を制度的に果たす適任者にチョ前長官を持ち上げていただけに、今回の検察召喚捜査に立場を示さず、野党からの批判の声を静めようとしている。

また、別の青瓦台関係者も「青瓦台として立場を出す事項ではない」とし「別途に表明する意見はない」と述べた。

政界の一部では、政府の検察改革を主導していたチョ前長について、拘束令状(逮捕状)発付など、検察捜査が本格化した場合、青瓦台にも批判の世論が激しくなるものとみている。

関連記事(外部サイト)