金正恩氏、空挺降下訓練を視察

金正恩氏、空挺降下訓練を視察

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が朝鮮人民軍狙撃兵の空挺降下訓練を視察したと朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」が18日、報道した。(提供:news1)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が朝鮮人民軍狙撃兵の空挺降下訓練を視察したと朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」が18日、報道した。

米韓が予定された合同空中演習の延期を発表した中、金委員長は16日、戦闘飛行術競技大会を現地指導したのに続き、軍事行動を続けている。

新聞は同日「金正恩同志が朝鮮人民軍空軍及び反航空軍狙撃兵区分隊の降下訓練を指導した」と伝えた。

続けて「降下訓練は狙撃兵が戦闘チーム別に正確な地点に降下して襲撃戦闘行動に移る実戦能力を備えたか判定することを目的にし、競技形式で進められた」と説明した。

金委員長は全般的に「大きな満足」を示したという。さらに「われわれは戦闘員がいつどのような状況でも、任された戦闘任務を円満に遂行できるように準備させることに重点を置き、訓練組織や指導を有益に進めなければならない」とも指示した。

関連記事(外部サイト)