韓国統一部「北朝鮮、金剛山施設一方的な撤去? 南北合意の下で処理されるべき」

韓国統一部「北朝鮮、金剛山施設一方的な撤去? 南北合意の下で処理されるべき」

韓国統一部「北朝鮮、金剛山施設一方的な撤去? 南北合意の下で処理されるべき」(提供:news1)

韓国統一部は18日、北朝鮮が金剛山観光地区の南(韓国)側施設を一方的な撤去を指示したことと関連し「すでに労働新聞を通じて南側と合意して処理すべきだという立場を示しているため、政府としては南北合意の相互協議原則のもとに問題が処理されなければならないとみている」と述べた。

統一部のイ・サンミン報道官は同日、政府ソウル庁舎で開いた定例会見でこのように明かし「(南北合意原則に基づいて)引き続き(北朝鮮の)対応を求めている」と述べた。

イ報道官は「(政府は)事業者と緊密な協議を通じて処理しなければならないという立場の下、南北間の会談が必要だという立場は堅持している」とし、「北朝鮮側の場合、文書交換方式で行うべきだという立場が維持されているため、この部分については政府が事業者との協議を通じて対応策を講じ、必要な措置を取る」と述べた。

イ報道官は、政府が通知文を追加発信することについては「南北間の立場の違いが非常に大きい」とし「先週もキム・ヨンチョル長官が(ヒョン・ジョンウン現代グループ会長に)会った。こうした協議を通じて、対応策を講じている」と述べた。

関連記事(外部サイト)