菅官房長官、「GSOMIA終了は極めて遺憾…影響は限定的」

菅官房長官、「GSOMIA終了は極めて遺憾…影響は限定的」

菅官房長官、「GSOMIA終了は極めて遺憾…影響は限定的」写真は17日タイ・バンコクで日米韓の国防長官会議前の記念撮影時。(提供:news1)

日本政府が18日、韓国政府の日韓の軍事情報保護包括協定(GSOMIA)終了決定について改めて遺憾の意を示した。

ただし、日本政府はGSOMIAが終了したとしても、自国の安保に及ぼす影響は「限定的」との立場を示した。

日本のメディアによると菅義偉官房長官はこの日会見で「韓国政府による(GSOMIA)終了通告は現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応」とし「極めて遺憾」と述べた。

菅官房長官は日韓のGSOMIA終了が日本の安保に及ぼす影響に対する質問には「わが国の防衛や緊急時対応に直接必要となる情報は、わが国独自の情報収集に加え、米国との情報協力により、万全の態勢を取っている」とし「韓国とはGSOMIAに基づき、補完的な情報交換をしているもの」と答えた。

ただし、彼は「(韓国側に)引き続き賢明な対応を求める努力はしたい」と述べた。

関連記事(外部サイト)