“学校法人不正”韓国前法相の弟、拘束起訴…6つの容疑を適用=韓国検察

“学校法人不正”韓国前法相の弟、拘束起訴…6つの容疑を適用=韓国検察

“学校法人不正”韓国前法相の弟、拘束起訴…6つの容疑を適用=韓国検察(提供:news1)

韓国のチョ・グク前法務部(法務省に相当)長官の弟チョ某氏(52、拘束)が学校法人の不正や虚偽訴訟などの容疑で18日、裁判にうつされた。チョ前長官一家に対する捜査以降、3番目の司法処理だ。

ソウル中央地検は同日、6つの容疑でチョ氏を拘束起訴したと明らかにした。

検察によるとチョ氏は学校法人の教師採用不正(背任収賄、業務妨害)、虚偽訴訟(特定経済犯罪加重処罰法上の背任、強制執行免除)、証拠隠滅(証拠隠滅教唆、犯人逃避)などの容疑をもたれている。

検察の関係社は「学校法人関連の捜査はある程度、終了の段階に入っている」とし「追加で告訴状が提出された部分は、拘束起訴後も引き続き捜査する」と述べた。

関連記事(外部サイト)