北朝鮮の金英哲氏、米の敵対視政策撤回前に「非核化交渉は絶対にない」

北朝鮮の金英哲氏、米の敵対視政策撤回前に「非核化交渉は絶対にない」

北朝鮮の金英哲氏、米の敵対視政策撤回前に「非核化交渉は絶対にない」(画像:news1)

北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は19日、「米国は対北敵対視政策を撤回する前に、非核化交渉について夢みてはならない」と明かした。

金副委員長はこの日発表した談話で、米国の米韓合同演習延期の決定と北朝鮮人権決議参加などを言及し「米国は事あるごとに非核化交渉を(話に)出しているが、朝鮮半島の核問題の根源である米国の対北敵対視政策が完全に後戻りしないよう撤回するまでは、議論する余地もない」とし、このように明かしたと朝鮮中央通信が伝えた。

金副委員長は、この談話で「非核化交渉の枠組みの中で、米朝関係改善と平和体制樹立のための問題を共に討論するのではない」とした上で、「米朝の間に信頼構築が最も先であり、我々の安全と発展を阻害する脅威がきれいに排除された後に、非核化問題を話し合うことができる」と強調した。

関連記事(外部サイト)