韓国検察、学校法人虚偽訴訟の資金の流れを追跡=前法相の追加召喚を調整

韓国検察、学校法人虚偽訴訟の資金の流れを追跡=前法相の追加召喚を調整

韓国検察、学校法人虚偽訴訟の資金の流れを追跡=前法相の追加召喚を調整(提供:news1)

チョ・グク前法務部(法務省に相当)長官の弟チョ某氏(拘束)が、学校法人の虚偽訴訟で得た不当な利益がどこへ流れたのか、資金の流れを検察が追跡している。

検察はちかく、チョ前長官を追加で召喚し、チョ前長官が学校法人の理事として在職していた当時、虚偽訴訟と採用不正に関与したのかどうかを調べる方針だ。

20日、検察によるとソウル中央地検はチョ氏の学校法人の虚偽訴訟容疑と関連し、口座追跡令状を発付してもらい、資金の流れを確認中だ。

検察は、チョ前長官に対する追加召喚が避けられないとの立場だ。チョ前長官は子どもの入試不正や私募ファンド投資疑惑、学校法人の不正など家族をめぐる疑惑全般に関与したと疑われている。

検察はチョ前長官の弁護人団と召喚時期を調整中だと伝えられた。ただし、具体的な召喚日は事前に公開しないとしている。。

関連記事(外部サイト)