「ハリス駐韓大使は傲慢で無礼」…攻勢を強める韓国与党

「ハリス駐韓大使は傲慢で無礼」…攻勢を強める韓国与党

ハリー・ハリス駐韓米国大使(提供:news1)

韓国与党の共に民主党の内部で、ハリー・ハリス駐韓米国大使に対する露骨な不満が爆発している。このように韓国与党の強い批判が出ている中、米韓同盟関係に対する憂慮が高まっている。

イ・ジェジョン共に民主党の報道官は20日午後、記者たちとの会話でハリス大使について「傲慢だ」、「今までの大使たちの中で、こんなにも無礼な人は初めてだ」と強く批判した。

最近、ハリス大使が国会情報委員長であるイ・へフン正しい未来党議員を駐韓大使館邸に招き、防衛費分担金を50億ドルに増額しなければならないと、強圧的な発言をしたと伝えられ、問題になっている。

イ報道官は「私はハリス大使がいるかぎり、米国大使館に食事をしには行かない」、「彼は外交官ではない。ヴィンセント・ブルックス前駐韓米軍司令官も軍人出身だが、とてもスマートな方だった」と語った。

韓国国会の国防委員会委員長のアン・ギュベク共に民主党議員もこの日の午前のラジオで「ハリス大使が情報委員長だけを招き、防衛費分担金増額の圧力をかけたことは、とても無礼で不適切な行動だ」とし、「たとえ大使が軍人出身者だとしても、大使として任命された以上、外交官としての礼儀と姿勢を身につけるべきである」と指摘した。

関連記事(外部サイト)