金正恩、文大統領の“釜山招待”をなぜ拒否? …霧散となった返礼訪問

金正恩、文大統領の“釜山招待”をなぜ拒否? …霧散となった返礼訪問

文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長 (提供:news1)

今月の25日から韓国釜山(プサン)で開かれる“韓国-ASEAN(東南アジア諸国連合 )特別首脳会議”に、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領が金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長を招待する旨を伝えていたが、今日(21日)北朝鮮はこの招待に対して不参加の意志を明らかにし、キム委員長の訪韓が結局見送りとなった。

特に北朝鮮はこの日、韓国政府の提案を拒みながら、行き詰った南北関係に対する不満を表し、条件と環境をまず作り上げることをくり返し強調した。

北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日「全てのことは(適切な)時と場所があってこそだ」というタイトルの記事を通じて、文大統領が去る5日キム委員長に“韓国-ASEAN特別首脳会議”へ招待する親書を送ってきたと明かした。

続けて「韓国側の期待と誠意はありがたいが、キム委員長が釜山に行くしかるべき理由が見当たらなかったことについて、理解してくれるよう願う」と不参加を表した。

また「霞むだけ霞んだ韓国の空気は、南北関係にかなり懐疑的で、韓国当局も南北間の問題に対し毅然とした民族協調でない、外勢依存で解決していこうとする誤った立場から脱皮できていないことが、今の厳然たる事実だ」と指摘した。

このことは、韓国が米国との関係などを優先して、南北間の合意事項を履行せずにいることに対して、北朝鮮側がくり返し指摘して、今回その不満を吐露したように見られる。

このような不満は今回の朝鮮中央通信を通しても、米国をはじめとして韓国側にも政治的に利用される状況には応じられないという北朝鮮の立場をはっきりと伝えている。

ただ一方で、北朝鮮がこの間、韓国に対して送ってきた非難のメッセージとは違い、多少抑え気味の表現を使っていることについて、南北関係の改善の余地を残しているという、肯定的なシグナルだという見方もある。

関連記事(外部サイト)