米国務省「米韓外交長官、日韓関係の重要性を再確認」

米国務省「米韓外交長官、日韓関係の重要性を再確認」

米国務省「米韓外交長官、日韓関係の重要性を再確認」(提供:news1)

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官とポンペオ米国務長官が21日(現地時間)、「日韓関係の重要性を再確認した」と米国務省が明らかにした。

米国務省のモーガン・オータガス報道官は同日、配布した資料で「ポンペオ長官と康長官がきょう電話会談した。(2人は)緊密な(米韓)協力を維持することで約束した」とし、このように伝えた。

米国務省が両長官の電話会談の事実を紹介し「米韓協力」と共に、「日韓関係」を言及したのは日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が韓国側の決定により、23日午前0時(日本時間)付けで終了予定であることを念頭に置いたものとみられる。

関連記事(外部サイト)