“GSOMIA終了D-DAY”北メディア「恥ずべき歴史の繰り返し」

“GSOMIA終了D-DAY”北メディア「恥ずべき歴史の繰り返し」

“GSOMIA終了D-DAY”北メディア「恥ずべき歴史の繰り返し」

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を控えた22日、北朝鮮メディアが「桂・タフト協定」を言及し、「恥ずべき悲劇の繰り返し」と非難した。

北朝鮮の対韓国宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」はこの日「恥ずべき歴史の繰り返し」との文章で「米国が日本側に立ち、南朝鮮(韓国)当局に『軍事情報包括保護協定』の終了決定を撤回するよう、露骨に脅迫している」と主張した。

メディアは「ホワイトハウスや国務省、国防総省など米政府の高官が総出動し、手段と方法、時間と場所を選ばす、南朝鮮に日本との『軍事情報包括保護協定』を延期するよう恫喝している」とし「日本の破廉恥な経済侵略策動に対して一言半句もしない米国が南朝鮮当局だけに一方的に対日屈従と譲歩を強要している」と指摘した。

続けて「桂・タフト協定は、植民地領土拡張のためならば他国の主権は眼中にもない米日帝国主義者らの横暴性と共に、当時朝鮮に対する列強たちの認識がどうだったのかということをよく示す歴史的事実」とし「まるで110年余り前の恥ずべき歴史を再び見ているようだ」と皮肉った。

関連記事(外部サイト)