金正恩氏、海岸砲発射を視察…韓国政府「遺憾」

金正恩氏、海岸砲発射を視察…韓国政府「遺憾」

金正恩氏、海岸砲発射を視察…韓国政府「遺憾」(提供:news1)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くの昌麟島の部隊を視察したと朝鮮中央通信が25日、報じた。

通信は25日「金正恩同志が西部戦線にある昌麟島の部隊を視察した」と伝えた。金委員長は生活実態や戦闘準備状態を点検、また海岸砲部隊に目標を決めて射撃をするように指示した。

韓国統一部のイ・サンミン報道官は25日、定例会見でこれについて「軍事的緊張を考慮させかねない懸念がある行動があってはならない」とし「南北間の9・19軍事合意を徹底的に遵守しなければならないという点を、政府は重ねて強調したい」と明らかにした。国防部も海岸砲射撃指示は「9・19軍事事合意に違反したもの」とし、遺憾の意を示した。

関連記事(外部サイト)