北朝鮮の「超大型放射砲」発射、日韓・米韓の北朝鮮高官が電話協議

北朝鮮の「超大型放射砲」発射、日韓・米韓の北朝鮮高官が電話協議

北朝鮮の「超大型放射砲」発射、日韓・米韓の北朝鮮高官が電話協議(画像:news1)

北朝鮮が日本海上に短距離飛翔体2発を発射し、朝鮮半島での軍事的緊張の高まりが懸念される中、日韓・米韓の北朝鮮高官が電話協議をおこなった。

韓国外交部(外務省に相当)によると、李度勲(イ・ドフン)韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長は29日、北朝鮮の飛翔体発射と関連し、スティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表と電話協議をおこない、関連状況および評価を共有したという。また、前日(28日)には滝崎成樹アジア大洋州局長と通話し、協議をおこなったと伝えられた。

なお、滝崎局長とビーガン代表も電話協議をおこない、北朝鮮の飛翔体発射をめぐって情報を分析し、今後の対北対応方針を調整したと伝えられた・

関連記事(外部サイト)