北、クリスマスプレゼントが何になるか「米国の決定にかかっている」

北、クリスマスプレゼントが何になるか「米国の決定にかかっている」

北、クリスマスプレゼントが何になるか「米国の決定にかかっている」(画像:news1)

北朝鮮は3日、米朝非核化交渉の期限が「年末に迫っている」と強調した上で、「クリスマスのプレゼントが何になるか、米国の決定にかかっている」と述べた。

北朝鮮はこの日、朝鮮中央通信を通して外務省のリ・テソン米国担当次官の談話を発表。「我々が米国に提示した年末という期限が、一日一日と迫っている」とし、このように明かした。

リ次官は「我々は現在まで最大の力を発揮し、先制的にとった重大措置を崩さないために全ての努力を傾けた」とし、「残るは、米国の選択」と強調した。

関連記事(外部サイト)