米国防総省副次官補、対北軍事オプションは「撤回した覚えない」

米国防総省副次官補、対北軍事オプションは「撤回した覚えない」

米国防総省副次官補、対北軍事オプションは「撤回した覚えない」(画像:news1)

米国防総省当局者は4日(現地時間)、北朝鮮に対する軍事的選択肢は「撤回した覚えはない」と明かした。

ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の核・ミサイル開発問題と関連し、「必要ならば、軍事力を使用することはあり得る」と発言したのに続き、米国防総省も同じ立場を再確認したことになる。

米国の声(VOA)によると、ハイノ・クリンク 国防副次官補(東アジア担当)はこの日、「米韓間の戦時作戦統裁権転換」をテーマにワシントンD.C.で開かれた在韓米軍戦友会・米韓同盟財団主催の講演に出席。「北朝鮮の繰り返されるミサイル発射は、(問題解決に)助けにならない」としながら、「外交の活動空間を狭めるだけ」と述べた。

関連記事(外部サイト)