文大統領「統一メッセージに感謝」、U2ボノさん「平和実現への決意に尊敬の念」

文大統領「統一メッセージに感謝」、U2ボノさん「平和実現への決意に尊敬の念」

文大統領「統一メッセージに感謝」、U2ボノさん「平和実現への決意に尊敬の念」(画像:news1)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日午前、青瓦台(大統領府)で、8日に初の韓国公演を行ったロックバンド「U2」のリーダーで社会運動家のボノさんと面会し、南北統一など平和と関連し意見を交わした。

難民や飢餓などに高い関心を寄せるボノさんは歌手としてだけでなく、社会運動家として国際的に認められ、海外公演時に国の首脳級関係者と会ってきた。前日、ソウル高尺スカイドームで開かれた公演は文大統領の妻=金正淑(キム・ジョンスク)氏も観覧した。

ボノさんと面会した文大統領は「まず、韓国での初U2コンサートを歓迎いたします」とし、「公演を観覧させていただいた妻は、とてもすばらしい公演だったと感激しておりました」と伝えた。

また「昨日のすばらしい公演だけでなく、公演中、南北間の平和と統一を願うメッセージを伝え、まだ完全な平等とは見ることのできない女性たちのために『全員が平等になるときまで、誰も平等なものはない』と言及したことについて、非常に共感すると共に感謝申し上げる」と述べた。

これに対し、ボノさんは「文大統領は韓国経済、漢江の奇跡を成し遂げる姿を見せてくださったことについて、継続して指導力を発揮していることに敬意を表する。韓国の繁栄がより包容的かつ透明に成し得るよう努力していることを承知している」とした上で、「大統領は平和プロセスにおいて、多くの努力を続けていることについて、そのリーダーシップに感謝申し上げる。このような平和が妄想ではなく、現実となるために最後まで決意をもって臨んでいることに尊敬の言葉を伝えたい」と明かした。

関連記事(外部サイト)