統一部、北の状況認識し「動向を注視」

統一部、北の状況認識し「動向を注視」

統一部、北の状況認識し「動向を注視」(画像:news1)

韓国統一部は9日、北朝鮮が東倉里で重大な実験をおこなったと発表したことと関連し、「状況を重く認識し、北朝鮮の動向について綿密に関係機関と協力しながら注視していく」と明かした。

イ・サンミン報道官はこの日午前、政府のソウル庁舎で定例ブリーフィングをおこない、「前日(8日)北朝鮮国防科学院の報道官による発表については、部署で話し合いがもたれた」としながら、このように述べた。

また「米朝間の対話と関連し、両者が変わらず対話進展に対する意思をもっているため、米朝対話のモメンタムを維持しながら進展するよう韓国政府としても必要な措置と努力を尽くしていく」と強調した。

関連記事(外部サイト)