米国連大使「北朝鮮、敵対行為・威嚇を中断すべき…米国は柔軟に対処」

米国連大使「北朝鮮、敵対行為・威嚇を中断すべき…米国は柔軟に対処」

米国連大使「北朝鮮、敵対行為・威嚇を中断すべき…米国は柔軟に対処」(提供:news1)

米国のクラフト国連大使が11日(現地時間)北朝鮮の追加ミサイル発射実験がもたらす結果に対して警告したとAFPやロイター通信が報道した。同時に、北朝鮮が対話を続けるなら、柔軟に対処することもできると述べた。

報道によるとクラフト大使はこの日、国連安全保障理事会で北朝鮮の大陸間弾道ミサイル発射実験に対する懸念を示し「ミサイルと核実験が北朝鮮に、より良い安保をもたらすことはない」と指摘。

また「われわれは(北朝鮮が)未来の敵対行為と脅威を中断し、その代わりわれわれと関係を持つ大胆な決定を下すものと信じている」と述べた。

さらにクラフト大使は北朝鮮が独自に設定した非核化交渉期限の年末について、「明確に話す」とし、「米国と安保理は目標がある。締め切りではない」と述べた。

またクラフト大使は「米国が北朝鮮と対話する意志がある」と言及したとAFPは伝えた。

クラフト大使は「われわれは行動をとる準備ができており、合意に合わせて具体的な措置を取ることができる」とし、「この問題にどのようにアプローチするかによって、柔軟に対処する準備ができている」と述べた。

関連記事(外部サイト)