北朝鮮・労働新聞、記憶力大会優勝を「科学的トレーニング」と強調

北朝鮮・労働新聞、記憶力大会優勝を「科学的トレーニング」と強調

北朝鮮・労働新聞、記憶力大会優勝を「科学的トレーニング」と強調(画像:news1)

北朝鮮が、ことしの世界記憶力選手権で総合優勝した背景に科学的かつ体系的なトレーニングと準備過程があったと強調した。

労働党機関紙「労働新聞」は13日、「頭脳的な勝者を育てあげた師匠」というタイトルの特集記事で、今大会の参加者らの指導者たちを紹介し、指導者の役割とトレーニング方法に注目して報じた。

同新聞は、前日も一面で大会を終えて平壌・順安空港に到着し党幹部と市民らに出迎えられる選手らの写真と共に、大会の成果を詳細に報道。北朝鮮の教育方法の優秀性を繰り返し伝えている。

この記事で、平壌外国語大学と金策工業総合大学など名門大学の教員らで構成された指導者チームを紹介し、「今大会のレベルを科学的に予測し、それに合わせて選手たちの知的能力を最大に発揮できるよう指導教員らは種目別の特性に沿って科学的なトレーニング方法を導入した」と伝えた。

関連記事(外部サイト)