北、国連安保理招集に反発=「どの道を選択するか、決心がついた」と警告

北、国連安保理招集に反発=「どの道を選択するか、決心がついた」と警告

北、国連安保理招集に反発=「どの道を選択するか、決心がついた」と警告(画像:news1)

北朝鮮外務省の報道官は12日、米国の要請で国連安全保障理事会が招集されたことについて、「どの道を選択するかに対する明白な決心を下すことに決定的な助けを与えた」と反発している。

報道官はこの日、談話を通して「米国は今回の会議招集をきっかけに、ブーメランになって戻ってくるのと同じ、愚かことをした」とし、このように明かしたと朝鮮中央通信が伝えた。

これを前に、米国は現地時間の11日、去る2017年11月北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星15型の発射以降、およそ2年ぶりに国連安保理を招集した。

関連記事(外部サイト)