北、故金正日総書記の武力業績を宣伝 「強力な武器、作らねば」

北、故金正日総書記の武力業績を宣伝 「強力な武器、作らねば」

北、故金正日総書記の武力業績を宣伝 「強力な武器、作らねば」(画像:news1)

北朝鮮が、2011年に死去した金正日総予期の最高司令官推戴28周年を迎えて金総書記の戦軍路線の歩みを大々的に宣言している。

特に北朝鮮は自衛力増強のため、より強力な武器開発を言及し、内部結束を強調する行動ともとれる。

先ごろ、米国を相手に「クリスマスプレゼント」を言及するなど北朝鮮が戦軍政治へと戻っているのでは、との懸念が高まる状況で、注目すべき点である。

北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」は24日の一面で「偉大な指導者=金正日同志の革命武力建設業績は光輝くもの」との社説を掲載。

この中で「将軍様の遺言の通り、革命武力の政治至上的、軍事技術的威力を広げて全人民的、全国家的な防衛体系をより強く導かなければならない」とし、「国防工業の主体化、現代化、科学化をより高い水準で実現し、祖国の安全を軍事技術的に強くする主体武器を作らねばならない」と主張した。

関連記事(外部サイト)