菅官房長官「日韓首脳が直接向き合って会談、有意義」

菅官房長官「日韓首脳が直接向き合って会談、有意義」

菅官房長官「日韓首脳が直接向き合って会談、有意義」(提供:news1)

日本政府は24日に開かれた日韓首脳会談について「両首脳が久々に直接、向き合って会談を行ったことは有意義だったと思う」との認識を示した。

日本のメディアによると、菅官房長官は25日、定例会見で、前日に中国・四川省成都で開催された日中韓首脳会議を機に日韓首脳会談が開かれたことに対する質問に「(日本は)最大の課題である旧朝鮮半島出身労働者問題で、直接、早期の解決を求めて、外交当局間の協議を継続することで一致した」と述べた。

菅官房長官はまた「(今回の会談で)北朝鮮問題に対する緊密な連携を改めて確認するとともに、(韓国側から)拉致問題に関する日本の立場に理解を得た」と述べた。

関連記事(外部サイト)