米韓、ことし初の防衛費交渉を14〜15日ワシントンで開催

米韓、ことし初の防衛費交渉を14〜15日ワシントンで開催

米韓、ことし初の防衛費交渉を14〜15日ワシントンで開催(画像:news1)

米韓外交当局は来る14〜15日(現地時間)、米国・ワシントンD.C.で第11回防衛費負担金特別交渉(SMA)締結のための6次会議を開催すると韓国外交部(外務省に相当)が10日、明らかにした。

韓国からはチョン・ウンボ防衛費分担交渉大使が、米国からはジェームズ・ ディハート国務省先任補佐官が首席代表として各代表団を率いて会議に出席する予定だ。

外交部は「韓国政府は、既存の協定内で合理的なレベルの公平な防衛費負担をするという基本の立場のもとに、忍耐強く米国と緊密に協議していく」とし、「米韓同盟と連合防衛体制を許可する方向で、協議が進むことを期待する」と明かした。

関連記事(外部サイト)