北朝鮮、2月ミュンヘン安保会議出席=米朝対話実現の可能性に注目

北朝鮮、2月ミュンヘン安保会議出席=米朝対話実現の可能性に注目

北朝鮮、2月ミュンヘン安保会議出席=米朝対話実現の可能性に注目(提供:news1)

北朝鮮が来月ドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に初めて代表者を出すことが伝えられた中、米国からも国務・国防長官らが出席するものとみられ、米朝間の対話が実現するか注目される。

AFPは23日(現地時間)会議主催側の報道官を引用し、北朝鮮のキム・ソンギョン外務次官が来月14〜16日、ドイツ・ミュンヘンで開かれるMSCに北朝鮮側の代表として出席する予定だと伝えた。

一方、今回の会議にはポンペオ国務長官とエスパー国防長官、ペロシ下院議長らも出席する予定だ。

関連記事(外部サイト)