韓国首相、新型肺炎感染者2人目発生受け「初期の強力な対応が被害最小化」

韓国首相、新型肺炎感染者2人目発生受け「初期の強力な対応が被害最小化」

韓国首相、新型肺炎感染者2人目発生受け「初期の強力な対応が被害最小化」(提供:news1)

韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は24日「新型コロナウイルスが終息するまでは相当な時間と努力が必要かもしれない」とし「初期の強力な対応が被害を最小化できるという覚悟で臨んでほしい」と述べた。

丁首相は同日、政府ソウル庁舎で開かれた新型コロナウイルス(新型肺炎)対応関係長官会議で「旧正月連休だが、地方自治体と関係省庁間で、汎政府的対応が必要だと判断され、会議を招集することになった」と述べた。

丁首相は「今朝、国内で2人目の新型コロナウイルス感染者が確認された。新型コロナウイルス感染症が各国に急速に広がっており、韓国が中国と隣接しているため、国民の懸念が非常に大きい」とし、「政府は国民の安全と保護を最優先にし、迅速かつ徹底的に対応しなければならない」と強調。

また「中国内で患者が広がっている点を念頭に置き、疾病管理本部と関係省庁は検疫過程や症状のある方々の管理に隙間がないかよくチェックしてほしい。仁川空港だけでなく、他の空港や港湾に対する検疫も強化してほしい」とし、「人材と装備に不足があれば、検疫官の追加配置など迅速に補強案を設けてほしい」と訴えた。

さらに「自治体をはじめとする地域社会の役割が重要だ」とし「まず疾病管理本部では2人目の患者との接触者を迅速に把握して自治体に知らせ、自治体では接触者に対する徹底した管理をお願いする」と指示した。

関連記事(外部サイト)