韓国政府、チャーター機での帰国者を「一定期間、施設で隔離」=入国懸念する国民の立場を考慮

韓国政府、チャーター機での帰国者を「一定期間、施設で隔離」=入国懸念する国民の立場を考慮

韓国政府、チャーター機での帰国者を「一定期間、施設で隔離」=入国懸念する国民の立場を考慮(画像:news1)

韓国政府は28日、中国・武漢に在留中の韓国人およそ700人をチャーター機で国内へ移送し、一定期間は臨時の生活施設で隔離する決定を下した。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、中国政府が武漢市と周辺地域の航空機、交通を遮断し、在留外国人も自力帰国ができないだけでなく、現地で医療サービスを十分に受けられないため、チャーター機を投入して帰国させることに決定。その後の措置についても、重要な発表があった。

外交部(外務省に相当)のイ・テホ第2次官はブリーフィングで「国民がどこにいても、国民の命と安全を守ることが国家の基本責務」とした上で、「政府は国民の安全を最優先に確保するという次元で、このような決定に至った」と説明。

また、この決定により武漢に在留していた韓国人が多数韓国国内に入ることを懸念する国民の立場も考慮し、「帰国の韓国人は一定期間、臨時の生活施設で隔離する」と明かした。

関連記事(外部サイト)