北、新型肺炎の感染拡大防ぐため「国境貿易を中止」=RFA

北、新型肺炎の感染拡大防ぐため「国境貿易を中止」=RFA

北、新型肺炎の感染拡大防ぐため「国境貿易を中止」=RFA(画像:news1)

北朝鮮当局が、28日より新型コロナウイルス(新型肺炎)感染拡大を防ぐため、北朝鮮と中国の貿易を完全に中止。中国駐在の北朝鮮領事官には北朝鮮入国ビザ発給を全面中断するよう指示したことがわかった。自由アジア放送(RFA)が現地消息筋を引用し、報じた。

29日、RFAによると平安北道のある消息筋は「28日から中国・丹東から新義州税関に入る貨物車両の通行が完全に禁止された」とし、「両国税関は、公式的に門を閉めたわけではないが、北朝鮮側が先に中国との貿易を遮断する動きを見せている」と伝えた。

また、中国・瀋陽の北朝鮮住民はRFAに「2日、瀋陽に駐在する朝鮮(北朝鮮)領事館に『新型コロナウイルス発生に関し、朝鮮入国ビザの発給は停止する』という内容の告知文が貼り出された」とし、人の行き来も禁止される見通しであることを伝えた。

関連記事(外部サイト)